データを記録するCD,DVDの寿命とは?

パソコン内の写真データ、映像データ、WordやExcelで作成したデータ等をCDやDVD、ブルーレイディスク等に保存されている方も多いと思います。CDやDVD、ブルーレイディスクに保存していたデータをパソコンで開こうとしたところ、一部のデータが読み出せなかったり、データすべてが復旧できなかったりした経験のある方もいると思います。CDやDVDなどの書き込み型光学ディスクの寿命は100年以上とも言われていますが、光学ディスクの保管方法が悪かったり、品質の悪い光学ディスクの場合、わずか数年でデータが消えてしまうこともあります。

少しでも長く寿命を延ばすには次の点に注意しましょう。

CDやDVD、BD(ブルーレイディスク)は紫外線や熱、湿度の影響を受けやすいため、環境が悪いと光学ディスクが劣化して、知らない間に大切なデータを失うことがあります。ほこりや汚れの付着、傷による損傷もデータ読み取りに影響を与えますので、下記の点に注意しましょう。

  • 日当たりの良い窓際には置かない。
  • ケースに入れずに光学ディスクを重ねて放置しない。
  • 光学ディスクや光学ディスクドライブのそばでたばこを吸わない。
  • 自動車の車内に入れたままにしておかない。

理想的な保管方法は、温度が15℃~25℃、湿度40%~60%が適しています。高温すぎると光学ディスクが変形したり、低温すぎると結露の危険性があるので、最適な温度、湿度が保たれる場所に保管するようにしましょう。

上記の保管方法以外には、次のような点にも注意して取り扱いしましょう。

ここから先は、無料会員以上のお客様対象のコンテンツとなりますので、こちらをクリックして、無料会員登録してください。
プレミアム会員の方は、ご登録頂いているメールアドレス、パスワードにて、こちらをクリックしてログインして視聴してください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
マウスコンピューター/G-Tune

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。