Windows10のリフレッシュとリカバリーの違いとは?|シースリーオンライン学習サイト

パソコンを購入して使用し始めてから数か月~数年経過すると、パソコンの起動が遅くなったり、ソフトウェアの起動やファイルを開くのが遅くなる場合があります。一時的な回避方法としてはハードディスク(Cドライブ)内のごみ箱や不必要なファイルを削除したり、常駐ソフトウェアを停止する方法がありますが、それでも改善されない場合には、OSのWindows10を「リフレッシュ」したり「初期状態に戻す」方法で対処する必要があります。「リフレッシュ」と「初期状態に戻す」機能を使用すると、OSがWindows10のまま快適な状態に復旧することができるので、リカバリーに比べて短い時間で対処することができます。

「リフレッシュ」機能を使用すると、ユーザーアカウントや各種設定(デスクトップ画面の壁紙、ロック画面の壁紙、スリープ設定、画面の拡大率等)、ドキュメントやメールなどの個人データを残すことができるので、作業も短時間で完了させることができます。アプリのみは消えてしまうので、リフレッシュ後に、再度、インストールする必要があります。

「初期状態に戻す」機能を使用すると、ユーザーアカウントや各種設定、ドキュメントやメールなどの個人データが消えますが、OSはWindows10のまま使用することができます。

私の所有しているWindows10でも試してみましたが、起動時間が短縮し、快適な状態に復旧することができました。

Windows8やWindows7からWindows10にアップグレードされたパソコンの場合、パソコンを購入時に戻す「リカバリー」を行うと、工場出荷時のOSバージョンの状態に戻ってしまいます。購入時のWindows8やWindows7に戻ってしまうと、Windowsの更新に1日~2日ほどかかってしまい、仕事に影響を及ぼすことになりますので、時間の余裕のある時に行いましょう。

以上の「リフレッシュ機能」「初期状態に戻す機能」「リカバリー」の中でなるべく短時間で快適な状態にするには、Windows10を使用されている場合、「リフレッシュ機能」がおすすめです。念のため、大切なデータのバックアップ作業を事前に行い、下記方法でリフレッシュの設定を行ってください。

ここから先は、無料会員以上のお客様対象のコンテンツとなりますので、こちらをクリックして、無料会員登録してください。
プレミアム会員の方は、ご登録頂いているメールアドレス、パスワードにて、こちらをクリックしてログインして視聴してください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
マウスコンピューター/G-Tune

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。