パソコンの動作速度が遅くなった時の対策方法は?

パソコンを購入してから1年、2年と経過した頃、なんとなく、パソコンの動作が遅くなったと感じることがある方も多いと思います。パソコンの動作が遅くなった際の対応策としては、パソコンをリカバリしてパソコン購入時の初期状態にしたり、ハードディスクの空き容量が無くなっていないかチェックしたり、ハードディスクのクリーンアップをする方法があります。しかし、パソコン性能を向上させる対策としては手間がかかります。

改善策の一つとして、パソコン部品のメモリを増設する方法があります。

ノートパソコンの場合、パソコン裏面にメモリを増設する箇所がありますので、ネジを取って、メモリ増設部分に対応メモリを挿入してメモリ容量をアップさせます。Windows10の場合、4GBが標準ですが、4GBを8GBもしくは16GBまで増設すると、動作スピードがかなり快適になります。

パソコンスクールシースリーでは、お客様のパソコン機種に応じて、メモリをご用意させて頂き、メモリ増設をサポートさせて頂いておりますので、メモリ増設をご希望の場合には、ぜひ、ご相談ください。

ご自分で増設できる方は、メーカー:バッファローのホームページからご利用のパソコン機器に合うメモリを検索してください。現在、パソコンに使用しているメモリ容量と空きスロットを確認の上、増設してください。

メモリを購入する際には、Amazonから購入すると安く入手することができます。

マウスコンピューター/G-Tune

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。