パソコンの買い替え費用を安くするには?

今使っているパソコンから新しいパソコンに買い替えたい時、10万円以上のパソコンに買い替えるのは難しいという場合は中古パソコンをおすすめします。中古パソコンでも、1年前、2年前くらいの機種であれば、十分に活用できる機種はたくさんあります。パソコンの買い替えだけでなく、2台目のパソコンを購入する際にもおすすめです。

パソコンを選ぶ際の基準は、下記性能をチェックしましょう。

<CPU>
Core i3 やCore i5、Core i7 のいずれかがおすすめですが、CPUには世代があります。2018年12月現在は、第9世代が最新です。この世代の種類により、パソコンの処理能力には大きな違いがあります。

<メモリ>
同時に、WordやExcel、メール、インターネット等を使用する場合、メモリが大きい方が、処理スピードが速いです。2018年に販売されているパソコンのメモリは標準で4GBです。中古パソコンでも4GBが多いですが、メモリは増設することができます。パソコン機種によっては、8GB、16GBまで増設できますので、パソコン本体の購入価格を抑えて、メモリを増設することも検討してみてはどうでしょうか。

<ハードディスク>
データを保存する場所が、ハードディスクです。最近のパソコンには、HDDというハードディスクドライブとSSDというタイプがあります。データの読み書きは、SSDが断然速いです。SSDは、HDDより高価ですが、パソコンをこれから数年使用することを考慮すると、SSDをおすすめします。

上記内容を考慮して、中古パソコンを選びましょう。



マウスコンピューター/G-Tune

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。