便利なUSBメモリーの最新情報2018

パソコン内のデータをバックアップ用に保存したり、他のパソコンで使用するためにUSBメモリーを使用する方は多いと思います。最近では、パソコン以外に、スマートフォンやタブレット端末内のデータを保存するためのUSBメモリーも発売されています。

USBメモリーを購入する際に、何を基準に選べば良いのか迷われる方も多いと思います。購入する際に注目すべき点をご紹介します。

  • データの転送速度を比較する。

(1)USBメモリーの規格による転送速度の違い

USBメモリーとパソコン間のデータのやりとりの速度を転送速度と呼びます。USBメモリーには、現在、大きく分けると3種類あり、USB2.0、USB3.0、USB3.1があります。

転送速度は、

・USB2.0 → 480Mbps(1秒間に60MB(メガバイト))

・USB3.0 → 5Gbps(1秒間に625MB(メガバイト))

・USB3.1(Gen1) → 5Gbps(1秒間に625MB(メガバイト))

・USB3.1(Gen2) → 10Gbps(1秒間に1,250MB(メガバイト))

最新のUSB3.1には、Gen1とGen2の2種類があり、Gen2は今までのUSBメモリーより、より高速でデータのやり取りができるようになっています。Gen2に関しては、最新のノートパソコンで対応機種も出てきていますがUSBメモリ自体がこれからの販売になります。USB3.1(Gen2)が普及すると今までのUSB2.0に比べ20倍、USB3.0の2倍の転送速度でデータの読み書きができるようになり、時間短縮になります。

(2)USBメモリーに保存できる容量による速度の違い

USBメモリーを選ぶ際に、データを保存できる容量として、8GB、16GB、32GB、64GB、128GB、256GB等があります。使用するデータ容量に合わせて購入することになりますが、データの転送速度をより高速にしたい場合には大容量モデルを選ぶと1秒間あたりの転送速度も速くなり、データの転送時間を短縮できます。

(3)USBメモリー内のコントローラーによる速度差

USBメモリーの転送速度は、(1)のUSBメモリーの規格だけでは決まっておらず、データを記憶するフラッシュメモリーと、データの読み書きを管理するコントローラーの性能により変化します。購入する際には、製品パッケージに読み出し速度の記載はありますが、コントローラーの性能等は記載されていません。実際に使用して確認するしかないのですが、安価なUSBメモリーは遅い傾向があります。

2.USBメモリーの端子の形状

スマートフォン、タブレット端末の普及により、USBメモリーの接続部分の端子の形状も増えてきました。

  • マイクロUSB(マイクロB)

OSがアンドロイド搭載のスマートフォンやタブレット端末に接続する端子の形状です。最近は、タイプCという端子の形状が普及してきており、マイクロUSBが減少してきています。

  • タイプC

最近のスマートフォンやノートパソコンで主流になってきています。

  • ライトニング

iPhoneやiPadといったアップル製品に使用されている端子です。USBメモリー内のファイル操作には専用のアプリを使用します。

3.USB端子の収納方式

USBメモリーの端子部分を保護する形状には、下記のような種類があるので、使いやすいタイプを選択しましょう。

  • スライド式

端子部分を本体内に収納できるタイプです。端子を出す場合には、本体のレバーをスライドします。

  • ノック式

端子部分を本体内に収納できるタイプです。端子を出す場合には、ボールペンのように本体の端子部分とは反対側を押し込みます。

  • キャップ式

端子をキャップで保護することができます。キャップを端子とは反対側に装着できるタイプであればキャップを紛失しにくいですが、装着できないタイプだと無くしやすいので注意が必要です。

(4)回転式

本体カバーが回転して端子を覆うタイプです。キャップを無くさないメリットがあります。

4.セキュリティ機能

セキュリティ機能のあるUSBメモリーを使用すると、パソコンにUSBメモリーを挿入した際に認証を要求されます。保存しているデータは自動で暗号化されるので、USBメモリー本体のデータを盗まれることがありません。認証方法として、パスワード認証するタイプや指紋認証タイプがあります。

以上のように、USBメモリーを購入する際には、データの転送速度、端子の形状、端子部分の収納方式、セキュリティ機能を比較して、使用状況に合った機種を選びましょう。

マウスコンピューター/G-Tune

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。