Office講座

Excel、Word、Powerpoint、Access、OneDriveの使い方を学ぶことができます。

Office講座とは?

パソコンはインターネット検索によるネットサーフィンやメール以外に、仕事やプライベートで活用できるさまざまなソフトウェアがあります。代表的なソフトウェアには、マイクロソフトのWord(ワード)やExcel(エクセル)、Powerpoint(パワーポイント)があります。Office講座では、これらのソフトウェアの使い方をご紹介します。プレミアム会員様向けの動画コンテンツもご用意しますのでお楽しみに。メルマガ登録して頂いたお客様に、随時、動画配信のお知らせをお送りさせて頂きます。

Office講座カリキュラム

Word(ワード)とは?
ワードは、文書を作成することができるソフトウェアです。
プライベートでは、手紙を作成したり、写真を挿入してアルバムを作成することができます。
ビジネスでは、社内文書や社外向けの文書を作成することができます。文字だけの文書だけでなく、表を挿入したり、写真やイラストを貼り付けることもできます。また、ワードアートというロゴ風の文字を入れることもできるので、チラシ作成やパンフレットの作成を行うこともできます。

Excel(エクセル)とは?
エクセルは、表を作成したり、表の数値を数式や関数で計算したり、グラフ化することができる表計算ソフトウェアです。
プライベートでは、家計簿を作成したり、住所録を作成することができます。
ビジネスでは、見積書や請求書、売上管理表、経費管理、顧客管理、商品管理などの表を作成することができます。今まで計算機を使用して結果を求めていた操作をエクセルの数式や関数を使用して自動的に求めることができます。
また、売上金額の推移を把握するためにグラフ化したり販売商品の売れ筋を円グラフで表現したり、図解で分かりやすく表現することもできます。

Powerpoint(パワーポイント)とは?
パワーポイントとは、企画内容や新商品、新サービスを紹介するためのプレゼンテーション資料を作成する際に役立つプレゼンテーション用のソフトウェアです。多くの方の前で発表するプレゼンテーションを行う際に、スライドと呼ばれるページ内に文字や表、写真、イラストをレイアウトし、見栄えの良いデザインで仕上げることができます。

Access(アクセス)とは?
アクセスとは、データベース管理ソフトウェアで、顧客管理、商品管理、売上管理を行うことができるビジネスに活用できるソフトウェアです。エクセルではできない複雑なデータ管理を行うことができるソフトウェアで、会社の業務管理ソフトウェアを自社開発することもできます。

Word、Excel、Powerpoint、Accessの操作の学習をご希望の方は、パソコンスクールシースリーの個別指導、出張家庭教師、法人向け社員研修、オンラインサポート(遠隔授業)をご利用ください。指導経験豊富なパソコンインストラクターが、皆様のパソコン学習をしっかりとサポートさせて頂きます。

 

パソコンスクールシースリー五反田教室の個別指導ルームの写真です。
スクールのホームページはこちらをクリックしてください。